ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

テーマ選択

(5 テーマ)

  • カテゴリ 04.ウルグアイ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 04.ウルグアイカテゴリのエントリ

VS アルゼンチンの悪徳警官

カテゴリ : 
旅日記 » 04.ウルグアイ
執筆 : 
score1200 2009-8-25 11:10
再び、ラ・プラタ川を渡って、アルゼンチンへ。
090825_fronterabridge


滝で有名なイグアス方面を目指し、
Ruta14をしばらく走っていたら、検問に引っかかった。。


今日は国境越えたから、書類もすぐ出せるとこにおいてるし、
まぁ、いいか。


面倒なんで、書類を渡してしまって、水を飲みながら一休み。


保険、バイクの書類、免許証など、念入りにチェックしてるポリシアさん。

「どうせ、よく知らんだろう。
全部、不備なくそろってるよ、無駄だから早くしておくれ。。」
そう思いながら、説明を加えるが、なんか様子がおかしい。。

何かとイチャモンを付けてきて、終いにはライトが付いてなかったと言い出す始末。


私:「そんなことはない。」
とエンジンをかけて、ライトが付くのを見せても、

ポ:「今は付いてるが、さっきは付いてなかった。」

私:「あのねぇ、このバイクはエンジンかけたら、自動でライトが付くの!!」

ポ:「いや、付いてなかった!!」

「自動で」という意味がうまく伝わらなかったのか、
イチャモンの理由も変えず、どうやら脇のオフィスの方まで来いという。

こりゃいかん、と思ったが、
書類を渡してしまってたため、付いて行くしかない。。


オフィスの方へ行くと、
ポ:「ディネロ(お金)。」「ペソ、ドル、ユーロ」
やっぱ金を求めてきやがった。。

これまで南米では、こういった腐った警官にはまったく会わなかったけど、
やっぱいるんだな。。
しかも、イチャモンの理由(レベル)もショボイ。。

建物の中には、(検問に引っかかった?)一般の人もいるから、
そこまで強引なやり方はしてこないだろう。

こんな奴には一銭たりとも払いたくないわっ。
「おめぇに払う金はねぇっ!!」、タン麺風に言ってやりたがったが、
とりあえず、穏便に進めて、書類を取り返す。


ライトの話を他のポリシアにするも、みんなグルな模様。

他の一般人に話しても、苦笑いしてるだけ。
おそらく、この人達はホントに捕まって、賄賂で許してもらおうとしてる人達。
期待しても無駄だろう。。


こっちが粘っていたら諦めたのか、
他のポリシアに引き継いで、私を連れてきた奴は検問に戻っていった。


私:「ライトは、自動。"Automatico?"、"Automatica?"で付いて、
エンジンかかってると消したくても消せないの。」
「もう、いいかい? 金なんて払う気ないし、もう行くね」

そのポリシアにも自動で付く様を見せて、何とか解放。



こんなことで足止め食らって腹立ったし、ネタとしても公開してやろうと、
写真を撮ってたら、見つかって、今度は少々血相を変えて、戻ってきた。

慌てて、データを消して見せて、
なんとかカメラ等を没収されるのは免れたけど、
ちょっと浅はかだったかも。。A(^_^;)

こんなんで、カメラ取られるぐらいだったら、金掴ませてた方がよっぽどマシだしね。



アルゼンチンのRuta14。
悪徳警官の検問があるかもしれないので、ご注意を~♪

ウルグアイ脱出!!

カテゴリ : 
旅日記 » 04.ウルグアイ
執筆 : 
score1200 2009-8-25 11:00
個人的には、好きな方だった、ウルグアイ。

ただ、物価が高い。。
ブエノスに比べて、宿代だけでも2~3倍。。


ってことで、イグアスの滝方面を目指して、出発することに。


とりあえず、ルート上、アルゼンチンに戻るのだが、
来た時と同じじゃ、なんとなくつまらないんで、北のSaltoへ。


明日は、国境越え~
サッカーの第1回ワールドカップ(1930年)が行われたのが、
ここ、モンテビデオのセンテナリオ・スタジアム。
EstadioCentenario

また、ウルグアイは地元開催の第1回大会の優勝国!!でもある。

ヨーロッパ開催だった2,3回大会は不参加だったけど、
4回大会(ブラジル)ではまた優勝と、過去2回の優勝を誇る古豪だってご存知でした!?
(詳しくはこちら)


そんな由緒あるスタジアムをホームにするペニャロールの試合を見てきました~♪


同じモンテビデオをホームにするナシオナルとライバル関係にあり、
共にトヨタカップでも優勝したことのある名門っす。

特にペニャロールは、
コパ・リベルタドーレスの第1回大会(1960年)優勝チーム。
中立国の日本開催となったトヨタカップでも1982年にアストンビラを下して優勝している古豪。

しかも、リベルタドーレスの決勝進出回数9回は、ボカと並んで最多とのこと。。

Wikiると、すごいデータが出てきて、けっこう楽しいっす。
ウルグアイサッカーは、輝かしい歴史を持ってるんですね~



毎週日曜に開かれるトリスタン・ナバハの市を
ぷらぷらと見回った後に、スタジアムへ。


まずは、腹ごしらえでチョリパン。
焼いたチョリソーをパンに挟んだ、南米ではポピュラーなファーストフード。
40ペソ(US$1≒U$23)。
チョリパン
ここのは、色々とトッピングを入れてくれて、かなりのボリュームです。


スタジアム脇のチケット売場にて、チケットを購入。
エントラーダ2

ここの売場は、ゴール裏しか売っていなかったですが、
100ペソ(4ドルちょい)。
エントラーダ

で、スタジアムの中。
ゴール裏(アウェイ側)に誰もいないって、初めて見ました。。。
ちなみにアウェイ観客は、メインスタンドとゴール裏のコーナーの一角に100人程いました。
アウェイ側スタンド

でも、ホームのゴール裏はけっこういっぱいに。
ペニャロールスタンド


応援も熱くて、プレーに対して、前向きな拍手が多く、
観客の雰囲気は、イングランドに近い印象受けました。

まぁ、歌や鳴り物は、“南米”でしたけど。


で、試合の方は、開始5分ぐらいにペニャロールが先制!!
その後、相手のミスから追加点を上げて、前半で2点のリード。

ただ・・・
スタンドが日陰になった後半は、急に寒くなったのに合わせるように、
試合も、悪く言うと、少々?雑に。。。

良くも悪くも南米って感じ!?
レベル的には、Jリーグの方が勝ってるのでは!?と思う場面もちらほら。。


でも、2-0でホームのペニャロールの勝利し、
いい雰囲気だったので、楽しめました~


チリじゃ、見なかったけど、この先の国でもサッカー見たいなぁ~

モンテビデオでもパリージャ。。

カテゴリ : 
旅日記 » 04.ウルグアイ
執筆 : 
score1200 2009-8-22 16:20
コロニアからモンテビデオに移動。

今日は、ウルグアイに来てから一番暖かい♪
風も北風。

写真だけを見ると、南国ってイメージ。
でも、風はそこそこ冷たい。
ruta1

約180km程で、モンテビデオに到着。
週末の昼過ぎということで、ちょっと町をぷらぷら。


旧市街の港近辺。
メルカド

パリージャ屋さんがひしめき合ってるメルカドもあって、いい感じ。
メルカド・パリージャ

活気があって、賑わってる雰囲気におされ、
結局、またパリージャ(肉)。。。
パリージャ


また肉ばっか。。でも、うまいからいいかぁ♪


が、かなり贅沢しちゃいました。。。
(改めて、振り返ってちょっと反省)
ウルグアイは、ブエノスより物価高いかも。。


【参考】
ビール960ml: 95ペソ (約4ドル)
パリージャ(焼肉盛り合わせ): 590ペソ/2人 (約24ドル

世界遺産コロニア

カテゴリ : 
旅日記 » 04.ウルグアイ
執筆 : 
score1200 2009-8-21 13:40
旅行者の中には、あまりい印象を持っていないという人も結構いるウルグアイ。
「特に何もない」という人や「ブエノスを小さくしただけ」という人など。


歴史地区が世界遺産になってるコロニア。
ちっちゃな街だけど、なんか雰囲気もゆったりしてて、ちょっと好きかも。
コロニア1

コロニア2


ただ、この時期、風も強くて、ブエノスよりも寒い。。。orz

やっと、南米4ヶ国目。。

カテゴリ : 
旅日記 » 04.ウルグアイ
執筆 : 
score1200 2009-8-18 13:20
カラファテからアルゼンチンに再入国して、早3ヶ月弱。

さすがにもうビザが切れるので、ウルグアイを目指すことに。

ブエノスからウルグアイに行く場合、
陸路だと湾を迂回するため、ちょっと大回りに。
(ちょうど、川崎から木更津行くみたいなもんですかね!?)

ガイドブックによると、
ブエノスの対岸のコロニアという町まで、陸路で6時間ほど。
船だと、1時間の高速船か3時間の船。


船の場合、バイク込みだと少々高いので陸路にしたのだが、
一番近い国境(Fray Bentos)がここ1年ぐらい閉まっているってことで、
100kmほど北のPaysanduまで遠回りをしなきゃいけなくなった。。。


ガソリン代など考えたら、船のほうがよかった!?


まぁ、何はともあれ、
やっと、南米4ヶ国目。ウルグアイ。
ウルグアイ国境
ウルグアイ


さぁ、サクサク行くぞぉ、サクサク。

【参考】
●ブエノス(アルゼンチン)~コロニア(ウルグアイ)
・3時間の船: 99ペソ/人、165ペソ/バイク
・1時間の船: 138ペソ/人、210ペソ/バイク

フェリー会社: ブケブス
http://www.buquebus.com/

ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ブログ 最新のエントリ